ポッシュなイギリス子育て事情
〜現地教育ママ達に囲まれて〜
日常

赤ちゃんを乗せて産後ダイエット!【バギーフィット】の魅力

イギリスもようやく心地よい春の兆しを迎え、これからの季節が楽しみになってきましたね!

今日は私が娘を出産してから始めた【バギーフィット】についてご紹介したいと思います。

バギーフィットとは?

バギーは英語で書くとBuggy=ベビーカーの事。
フィットとはFitness = 略してFit

よってBuggy Fit】 と呼びます。

イギリスではベビーカーは、Buggy,StrollerもしくはPramと呼びます。ベビーカーとは言いません。

そのバギーを押しながら広い公園や、街中を歩いて運動をするというもの。
赤ちゃんはもちろんバギーに乗っているのでお散歩のような感覚で良い気分転換になります。

イギリスでは産後6週間の母体チェックをGP(かかりつけの医者)にてパスしていなければエクササイズはできません

バギーフィットの内容

このバギーフィット、聞こえは楽しそうですが、結構ハードです。

イギリスの道は日本と違い、しっかり舗装されてるように見えても結構ぼこぼこしてたり、歩くコースによっては急斜面の坂を登ったりします。

このような理由からイギリスのバギーは大きくて重量があり、(タイヤも大きい)それに加えて赤ちゃんが乗るので、普通に押して歩くだけでもいい運動になります。(おそらく15kgくらいはある)

私自身、初日に無料体験した時に単なるウォーキングと勘違いしてた為、意外とハードでサインアップするのを躊躇したくらい。

私が通っていたバギーフィットは、60分間。

まずは公園に集合。1クラスの人数は大体6〜8人前後
最初の30分は周辺のエリアを1列、もしくは2列になりながらウォーキング。
(ウォーキングといってもだらだら歩くのではなく、背筋をピシッと伸ばして早歩きで気合入れて歩きます。)
毎回コースは違っていて、平坦なコース・急斜面を行くコース・森の中を歩くコース等バラエティに富んでいました。

ウォーキングが終わったら公園に戻ってきて、今度は赤ちゃんを乗せたバギーは端に置いといてママ達だけの本格的エクササイズ。

エクササイズの内容
・一定の距離を産後6ヶ月未満なら早歩きで、産後6ヶ月以降なら走る。
・スクワット・スキップ等
・ゴムリボンを使用し、上半身の運動

イギリス人はエクササイズ好き

バギーフィットの魅力

上記のような感じで60分間を過ごすわけですが、なかなかハードな分終わった後の爽快感がたまらない!

これがバギーフィットの魅力なんだと思います。

ついでにバギーに乗ってる娘もいい感じの揺れと新鮮な空気で毎回しっかり爆睡してくれてました。

イギリスで買う【乳児用おむつかぶれ市販薬】おすすめとレビューを読む

イギリスで買う【乳児用おむつかぶれ市販薬】おすすめとレビューイギリスの薬局にたくさん並んでいるオムツかぶれ用クリーム。どんなクリームを買ったらいいのか私の娘の肌を元に5種類のクリームをレビューしてみました。...

最後に

春になり天気も良くなってきたし、ロックダウンも緩和され始めたのでまた再開しようとも思ってます。

無事出産を終え、何かエクササイズでもしようかなと思っている方には選択肢の一つとしてぜひ考えてみてくださいね。

意思を強く持てば実は難しくない。イギリス流、赤ちゃん寝かしつけの方法育児をしていく中で一番悩ましいのは赤ちゃんの寝かしつけ。 我が家は息子も娘もネントレをしたので一人でちゃんと寝てくれます。 その方法をお伝えします。...

  




✳︎気に入ったらSNSでシェアしてね✳︎
ABOUT ME
jemtyco
生粋のロンドン下町出身夫と息子(6歳)と娘(1歳)の4人暮らし。 2011年に日本を出てから、シンガポール、ロンドン、ニューヨークを経て、現在イギリスに戻りロンドン郊外にて子育て中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です