ポッシュなイギリス子育て事情
〜現地教育ママ達に囲まれて〜
子供向けアクティビティ

【イギリス版】盛大な子供の誕生日会 ①自宅開催編

イギリスの子供の誕生日会はなんと言っても一大イベント!

息子も若干5歳ながらにして、すでに数え切れないほどの誕生日会に参加してきました。

イギリスでは色々なスタイルの誕生日パーティーがあるのでこれから何回かの記事に分けてご紹介したいと思います。

① 自宅開催編
会場室内編
会場野外編
招待客に渡す手土産、Goodie Bag(Party bag)の中身

以上を今後記事にしていきたいと思います。

【イギリス版】盛大な子供の誕生日会 ②会場室内編イギリスの子供の誕生日パーティーは盛大。今回は会場室内編をご紹介したいと思います。...
【イギリス版】盛大な子供の誕生日会③会場野外編イギリスの誕生日パーティーはとても盛大!具体的にどんなことをしているのかご紹介します。今回は野外編です。...
【子供の誕生日会】④パーティーバッグの中身編誕生日パーティーには欠かせないパーティーバッグ。招待された子供達のお楽しみの一つでもあります。中身はどんなものが入っているかご紹介します。...

今回は①誕生日パーティー自宅編になります。

自宅開催の概要

イギリスでは1歳、2歳、3歳辺りまでは比較的自宅で誕生日会をする家庭が多いです。

理由

・ 招待客は子供の友達ではなく、親の友達や家族を中心に呼ぶため、ホームパーティーの延長上になる。

・ よって時間の縛りがあまりない。(通常誕生日会は2時間)

・ 同じ様な子供の年齢や乳児を持つ家庭が多いので自宅開催の方が色々と都合が良い

などがあります。

我が家の場合、学校に入学するまでの4歳までは毎年自宅で誕生日会を開いてきたので、それを例にしながらご紹介します。

自宅開催準備編

自宅開催の場合、基本全て自分達で準備しなければなりません。

テーマを決める

誕生日パーティーには必ずテーマを決めます。そのテーマによってデコレーションをします。

我が家の場合
1歳 『動物』(子供達には動物の格好をしてきてもらう)
2歳 『電車』
3歳 『新幹線』
4歳 『アベンジャーズやスパイダーマンなどのスーパーヒーロー』(子供達はスーパーヒーローやプリンセスの格好)

毎年息子がその時興味のあるものをテーマに決めます。

5歳の誕生日は、完全ロックダウン真っ最中でパーティー自体開くことができませんでした(涙)が、恐竜好きだった為当日は自宅内を恐竜一色にしてあげました。

招待客に招待状を出す

招待状も全て自分で作らなければなりません。
当時は毎回Canvaなどのアプリを使って招待状を作成していました。

招待客に開催日時を口頭などで伝えるのは大体1〜2ヶ月くらい前からが目安ですが、招待状自体はもう少し後に渡しても大丈夫だと思います。

写真を入れたい!などのこだわりがなければ市販のカードに記入するだけでも可能

子供達が楽しめる様色々手配する

エンターテイナーの場合

1歳と3歳の時はエンターテイナーを手配しました。

1歳の誕生日会に呼んだエンターテイナー。

1歳の時に呼んだ時はコントロールのしづらい同じ1歳児が多かったですが、少し大きな子供も何人かいたのでエンターテイナーさんも少し安心だったかも。。


これは3歳のパーティーで呼んだエンターテイナーさん。3歳児ともなればみんな楽しく遊んでくれました。

エンターテイナーは、ダンス・パラシュート・シャボン玉・ゲーム、など60〜90分くらい遊んでてもらえます。ちなみに7歳くらいまでは60分くらいが良いです。90分だと子供が飽きてきます。

エンターテイナーの相場は会社によってまちまちですが、大体£100〜150が相場です。(日本円で2万円前後)

バウンシーキャッスル等をレンタル

4歳の誕生日会はエンターテイナーを雇わず、バウンシーキャッスルをレンタルし、子供達は庭で適当に遊んでもらうことにしました。

子供達はバウンシーキャッスルが大好き。ずっとぴょんぴょんしててくれました。

風が強い日は安全面から借りれない可能性があるので注意

息子のお友達の誕生日会でもバウンシーキャッスルがありました。

誕生日ケーキの手配

誕生日ケーキは、手作りで作ってあげるパターンと、ケーキ職人に作ってもらうパターン、もしくはスーパーで買う、という3通りあります。

私の場合、ゲストも大人を入れたら毎回3〜40人は来るので流石に大変なので、3歳の誕生日会以外は全てケーキ屋や、日本人パティシエさんに頼みました。

3歳の時に作った私の(おそらく)最初で最後であろう頑張ったパーティー用の手作り誕生日ケーキ。アイシングが本当に大変でした。。。

当日の軽食の手配

自宅開催で、子供はまだ小さくホームパーティーの延長上となると子供だけに限らず大人用にもしっかりと軽食や飲み物を準備します。

大手スーパー(Waitrose, Saintsbury’s, M&S等)ではケータリングフードも手配できるのでそれを利用したりもしますが、手作りで色々用意もします。

主役は子供ですが、ホームパーティーの様なものなのでお酒も忘れずに!

自宅開催でも招待客に手土産(グッディバッグ・パーティーバッグ)を忘れずに

今回はGoodie Bag(Party bag)の中身の内容は後日たっぷりと記事にするので省きますが、来てくれてありがとうという感謝の気持ちを込めて帰り際に渡します。

招待された子供達もこれをもらうのも楽しみの一つになっています。

風船には欠かせないヘリウムガスを忘れずに!ギフト屋さんに頼めば有料でヘリウムガスを入れてくれますが、自宅に一台あると便利です。

自宅開催の難点

自宅開催をするということは、全て自分で準備して、後片付けもするということ。
自由が色々利く分、大変さもあります。

子供達もたくさん来るので家の中がかなり散らかるのも覚悟した方が良いでしょう。

ちなみに我が家では家の中は土足厳禁を徹底しているので、日本人以外のゲストには最初にはっきりと伝えることが大切です。

回数をこなせばこういった事も慣れてきます!

まとめ

今回は誕生日会①自宅開催編をご紹介しました。

次回以降の記事でご紹介する誕生日会の記事がまさしく子どもの誕生日パーティー!という感じなのですが、まだイベント業者に依頼するまでいかない年齢(1〜3歳)の子達は自宅開催が一番やりやすいです。

もちろんレストランや公園でお祝いしている家族もよく見受けられます。

次回は②こどもの誕生日会、会場室内編へと続きます。

 

ロックダウン中、学校で当日息子の誕生日ケーキを作ってくれたスクールシェフのお話

イギリスの私立小学校の給食事情イギリスの私立小学校の給食事情をご紹介します。...

 

✳︎気に入ったらSNSでシェアしてね✳︎
ABOUT ME
jemtyco
生粋のロンドン下町出身夫と息子(6歳)と娘(1歳)の4人暮らし。 2011年に日本を出てから、シンガポール、ロンドン、ニューヨークを経て、現在イギリスに戻りロンドン郊外にて子育て中。

POSTED COMMENT

  1. royboyruns より:

    す、すごい!!豪華なパーティーできて羨ましいです!
    うちの庭では到底できない催しばかり・・・
    バウンシーキャッスルが時間制限なしで楽しめるなんて、夢のような誕生日ですね!

    • jemtyco より:

      たまたま息子が夏生まれなので庭をがっつり利用できますが、秋冬だった場合は厳しかったですね・・。
      そしてバウンシーキャッスル、確かに一日中借りれるので時間制限なしで楽しめました!そしてみんながほとんど帰った後は、私やもう一家族残ってた大人たちでレンタル業者が回収に来るまでバンシーキャッスルで遊んだという後日談があります。。。笑

  2. Tama より:

    こんにちは。日本人パテシエさんでアイシングケーキつくっていただける方がいらっしゃるのですね。差し支えなければパテシエさん情報教えていただけますでしょうか?

    • jemtyco より:

      Tamaさん、こんにちは!コメントありがとうございます♪
      そうなんです、とてもケーキを上手にデコレーションしていただけて中身も日本人好みの美味しい味にしてくれる素敵な日本人パティシエ(加代子さん)がいらっしゃいますが、Tamaさんはお住まいはどちらですか?Surrey州界隈ならぜひおすすめです!
      https://www.instagram.com/kunoichibaking/
      私のブログを通して知ったとお伝えしていただければ嬉しいです♪

  3. Tama より:

    素晴らしいです、ありがとうございます!アイシングケーキはイギリスにたくさんあるけど中身が日本人好みってないと諦めてました。私もサリー州(西よりですが)なので、デリバリー可能かwebsite で確認してみます!ありがとうございました!!

    • jemtyco より:

      お役に立てて嬉しいです♪加代子さんのはケーキだけでなく、お惣菜や日本のイベント毎の料理(お節やひな祭りなど)も作ってらっしゃるので日本の味を思い出させてくれる貴重な存在な方です^^

      • Tama より:

        そうなんですね!早速連絡してみます!あと息子さんの公文の件も参考にさせていただきました。(昨日ブログ拝見させていただいたばかりですが!) 公文だけで日本語の受け答えはできるようになるものでしょうか?ロンドンまで通われてますか?うちはサリーなので公文は通信にしようかと先日ロンドンの先生とお話をさせていただいたところでした。

        • jemtyco より:

          公文はパットニーに行ってますが、コロナの影響でまだオンラインなのです。。
          でもコロナ前は他にも日本人の生徒と同じ机で先生と公文を解いてたのでそこで多少日本語のコミュニケーションはとれました。やはり毎日しつこく課題をやるので簡単な受け答えは出来るようになってると思います!(でも英語環境だとなかなか難しいですね、、)

  4. Tama より:

    ありがとうございます!やはり毎日の積み重ねが大事なんですね!受け答えができるようになるのはすごいですね!通信だけどやってみようかなあ、と思います。

    • jemtyco より:

      そうですね!うちも今はコロナのお陰で通信となんら変わりないですが試しにやってみるのもアリかと思います!頑張って下さい♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です