ポッシュなイギリス子育て事情
〜現地教育ママ達に囲まれて〜
子供向けアクティビティ

子供達へサンタさんの存在をリアルに知ってもらおう!<前半編>

ついに明日から12月!

この時期クリスマスに向けて色々買い物やお出かけなどで忙しいと思いますが、子供達もサンタさんからちゃんとプレゼントを貰えるかドキドキ・ワクワクしながらクリスマス当日を迎えますよね♪

今回は前半・後半の2回に渡って、タイトル通り、子供達へサンタさんの存在をリアルに知ってもらおう!という記事を書いていきたいと思います。

サンタさんへ手紙を書く

イギリスでは色々な場所で ‘Letter to Santa’というイベントが行われています。

中でも一番有名なのは、なんと言ってもUKの郵便配達会社RoyalMailによるもの。

手紙を書いて、スタンプを貼ってポストに投函すれば2週間以内にサンタさんから返事がきます!

会社名 Royal Mail
サンタ宛の住所 Santa/Father Christmas
Santa’s Grotto
Reindeerland
XM4 5HQ
2021年度の投函期限 12月10日(金曜日)
注意事項 投函時に切手を忘れずに!(返信用切手は不要)

息子も去年初めてサンタさんに手紙を書いてみました。
自分がこの一年どの様にいい子だったか、何が欲しいかを明確に書き綴っていました(笑)

そして届いたカードがこちら。

まぁ何千・何十万人もの子供達から届くのだからしょうがない事ですが、温かみのあまり感じられない(笑)機械的なカードでした。。でも一応サンタからのメッセージがしっかりと書いてあります。

Royal Mail以外でも色々ある

Royal Mail以外では、ショッピングモールの子供達向けクリスマスイベントだったり、ガーデンセンター(Squiresなど)でも意外とやってたりします。

ちなみに今年はロイヤルメールではなく、PYOでも有名なガーソンズファームに投函してみることにしました。

ガーソンズの店の出口を出たすぐ目の前にサンタ宛専用のポストがあるので、そこで投函でも良いのですが、今回タイミングが合わなさそうなのでemailでも良いということで息子の書いたレターをスキャンして添付して送信しました。

今年6歳のサンタさんへのレター。去年と同様沢山おもちゃを頼んでますw

 

ちなみにガーソンズは毎年クリスマスの時期になるとクリスマスショップがオープンするのですが、かなり本気度が高く、毎年何かしらのテーマに沿ってデコレーションしてます。

今年のテーマはヴィクトリア時代に書かれた物語がテーマ。
不思議の国のアリス、ジャングルブック、シークレットガーデンなど様々な本をテーマにしたデコレーションがしてありました。

郊外住まいでもこういったガーデンセンターなどが本気度を上げてクリスマスショップなどをオープンしてくれるので、ロンドンセントラルに行かなくても間に合っちゃう場合があります♪

サンタからのビデオメッセージを見せる

これはかなりリアル度を増してくれる優れもののアプリです!

PNP portable north pole

アプリなのでダウンロードする必要がありますが、無料でビデオメッセージを作成することができます。

有料のサービスもありますが、無料のビデオメッセージだけでも十分だと思います。

特徴としては

  •  1分23秒のサンタからのリアリティ溢れるメッセージ
  •  子供の名前と年齢を入力して、写真をアップロードできる
  •  住まいの国や地域、どう頑張ったかサンタの口から話す一部のメッセージを選べる
  •  リアルさがあるので息子はかなり信じてくれる

このビデオメッセージを見て子供達はテンション上がってくることでしょう!

まとめ

まずはサンタさんの存在のリアルさを出すための前半編を書いてみました。

後半編はクリスマスのイブとクリスマス当日の本番はどんな感じかを記事に書きたいと思います!

まだ4月だけど急いで!!【2021~2022年度】Christmas at Kewのチケット販売開始!今年も超大人気のイベント、Christmas at Kewのチケット販売が始まりました! うかうかしているとすぐ売り切れるので行動はお早めに!...

✳︎気に入ったらSNSでシェアしてね✳︎
ABOUT ME
jemtyco
生粋のロンドン下町出身夫と息子(7歳)と娘(1歳)の4人暮らし。 2011年に日本を出てから、シンガポール、ロンドン、ニューヨークを経て、現在イギリスに戻りロンドン郊外にて子育て中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。