ポッシュなイギリス子育て事情
〜現地教育ママ達に囲まれて〜
日常

【日本人には超強烈!】イギリスで昔から人気のイースターチョコレート・Cadbury Creme Eggの味とは

 

イースターの時期になると飛ぶように売れる卵型のチョコレート。

その中でも昔からイギリス人に親しまれて人気のCadbury Creme Egg(キャドバリークリームエッグ)。

今日はこのチョコレートが他のチョコレートと、どう違うのかご紹介します。

クリームエッグの気になる栄養成分抜粋

商品名 Cadbury Creme Egg
サイズ 1個あたり約40g
消費カロリー 180kcal
砂糖量 25.9g
脂肪分 6.3g
値段 50ペンスくらい(約75円)

たった40gのチョコレートで180キロカロリーとは、なかなか強烈ですね!

我が家では購入しないのですがこの時期になるとどうしてもどこからか必ずもらってしまう羽目になるので毎回消費に困ってしまいます(笑)

さてこのクリームエッグ、早速今年も学校から息子がもらってきてしまったのでブログのネタとして今回は久々に食べてみることにしました。

クリームエッグを渡した犯人のうさぎ↑ 学校でエッグハントをしたようです。

 

なぜ卵の形?

キリストの復活を祝うイースターに、生命の誕生を連想させるたまごがぴったりだから

最近では色々なメーカーがクリームエッグに似たものを発売していますが、オリジナルはイギリスのチョコレート会社「Cadbury (キャドバリー)」のものです。

今年も我が家に来てしまったクリームエッグ🥚

中を割ると卵の中をちゃんと再現してます。まるで半熟卵のよう。

卵の形をしたチョコレートの中身は、本物の卵さながらの白身と黄身に似せた「グゥ」と呼ばれるシロップが入っています。

味は、中のクリームがかなりコッテリと甘くて口の中にまとわりつく濃厚さ。食べた数分後には歯が溶けてなくなりそう!紅茶と一緒に頂けばなんとかなるかも?

ちなみにCadburyの卵型チョコレートには何種類かあります。

クリーム味の他に、キャラメル味、オレオ味、ホワイトオレオ味とあります。

オレオ味系だったら私も美味しく食べれそうです!

キャラメル味の中身です

なんだかコレも胸焼けしそうな予感。

クリームエッグの事に関して色々サーチしていると、結構日本へのばら撒き土産として人気だそう。
もらった側からしたらびっくりだけどいい経験にはなるかもしれないですね。

いかがでしたか。

毎年イギリスではイースターの時期になると高級チョコレート会社を含め、色々な会社が卵型のチョコを販売し、イースターを盛り上げています。

お子さんがいるご家庭では切っても切れないこのキャドバリーのクリームチョコの存在。

ぜひ怖いもの見たさで食べてみてはいかがでしょうか♪

 

  

 

【超簡単!】子供と一緒にチョコレートイースターエッグネストを作ってみよう♪イースターの時期になると色々なイベントが増えますが、おうちで作れるチョコレートエッグネストをご紹介します!...
✳︎気に入ったらSNSでシェアしてね✳︎
ABOUT ME
jemtyco
生粋のロンドン下町出身夫と息子(6歳)と娘(1歳)の4人暮らし。 2011年に日本を出てから、シンガポール、ロンドン、ニューヨークを経て、現在イギリスに戻りロンドン郊外にて子育て中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です